インフルエンザA型の次はインフルエンザB型!

子どもがインフルエンザにかかりました。
病院で診察していただいた先生に「おー、流行の最先端だな!」と言われました。
何のことやら?と思ったら、インフルエンザは始めにA型が感染流行し、次にB型が流行するとのこと。
学校でのお休みの人数が減ってきたので、今年は大丈夫…と思って気を抜いていたところをシッカリとインフルエンザウイルスにやられてしまいました。
調べてみると、このB型はあまり症状がひどくならない人もいて、本人が気づかないうちに感染・治癒してしまうこともあるそうです。
それだけに、知らない間に感染した人が周囲の人にうつしてしまっていることも多々あるわけです。
学校からも、ほぼ全員インフルエンザウイルスを持っていると思いますよ…とのこと。
そう言われてみれば、子どもがインフルエンザを発症する少し前に私も夜中に汗をかいた状態で目覚めたことがあったなぁ…と思い出す。
あれは、私も感染していたのかもなぁ。
だとしたら重症化しなくて良かった。
インフルエンザの流行ピークは2度ある!ということを肝に銘じておこう。借金返済 電話無料相談