マキシマリストの亭主と同居するのがこわいけれど

座敷がきたない結果、フラストレーションがたまっておる。
でも、整備はできない。汚いうち故郷だから。
肥満。これも、座敷がきたないことと関係している。
まとまりたい。綺麗な座敷に住みたい。
でも、アパートには商品が多すぎて、整備ができない。
捨ててやりたいが、その前に、整備見込める自分になるのが地です。
だから、お手伝い君に来てもらう。
お手伝い君がくれば、なんとかなるだろう。
ごはんも作ってもらえるといいなあ。
副食だけでも・・・。
がんらい家事を至極諦めるところに、疾患になってしまって、一段とうちが汚くなった。
引っ越してきた時は、キュートだったのに、4クラスでぱっと汚れた。
でもまずは、ミニマリストに達する。まずは、賜物の必須かさを燃やす。
まずはファッションです。ウォークインクローゼットにしまおう。
座敷の家財を持って行ってもらおう。
あとは、整備はお手伝い君に手伝ってもらおう。
そして、マキシマリストの旦那とやり取りを繰り広げながら、すくないもので過ごすのだ。脱毛ラボ vio